ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 

Q1、ファンダイビングってなに?
A1、
講習目的以外で潜る、いわば「楽しみのためのダイビング」活動のことの総称です。概ね、ランチタイムをはさみ午前と午後に2度、潜るのが主流のようです。水中写真やフィッシュウォッチングなど、楽しみ方はたくさんあります。サカナを見るのでもなく、青い海の中でただマッタリとしている人もよく見かけます。楽しみ方は人それぞれです。

Q2、1回のダイビングって、どのくらい時間がかかるの?
A2、
さまざまなケースがあるようですが、午前と午後に2度潜るときは、やはり丸々1日かかると思っておいたほうがいいでしょう。リゾート地などの場合は、午後からの観光に考慮して、朝の集合を早めにしてお昼過ぎくらいには解散できるようにしてくれるところもあるようです。

Q3、どういう内容なの?
A3、
インストラクターがダイバーのレベルに応じた海中散歩を楽しませてくれます。その際、サカナや生き物たちのユニークな生態などもガイドしてくれます。潜水時間は1本につき30〜60分くらいです。

Q4、ビーチダイビングって?
A4、
浜辺からエントリーするタイプのものをビーチダイビングと言います。足のつくところからゆっくりと水に入っていくことができます。

Q5、ボートダイビングって?
A5、
ボートからドボンと潜るスタイルのダイビング。ポイントまでボートで連れていってくれるので泳いで移動しなくていいというメリットがあります。ただし、多少の慣れとスキルが必要です。

Q6、船酔いしないためには?
A6、
船酔いしないためとして、よく言われるのは、「前日、しっかり睡眠をとって体調を整えておくこと」とか「水平線など遠くの動かないものを見るようにする」とか「市販の酔い止めを服用する」とかですね。また、乗船前にショウガを食べると効果があるという話も聞いたことがあります。それでも船酔いしてしまったときは、恥ずかしがらずに風下で海に向かって吐いてしまいましょう。無理に我慢しないことが大切です。

Q7、お金がかかりそう?
A7、
一般的には、器材をレンタルした場合、20,000円くらいかかってしまうこともしばしばありますが、潜水王国ならばレンタル器材もなにもかもすべて込みで4,000〜15,000円くらいでできます。ただし、ランチ、ドリンクなどは別の場合もありますので、各ショップページでご確認ください。

Q8、その日の流れは?
A8、
いろいろなケースがありますが、午前と午後に1本ずつ浜辺から潜るタイプのツアー(2ビーチダイブ)の場合は、<9:00に集合〜海辺で必要なブリーフィング〜1本目〜ランチ〜2本目〜15:00に解散>(例)といった感じになります。

Q9、リフレッシュダイブとの違いは?
A9、
リフレッシュダイブは、ダイビングから遠ざかっていた期間(ブランク)のある方や、Cカードを取って間もない方などダイビングに慣れてない方のためのスキルチェック目的のダイビングです。潜るポイントもファンダイビングとは違い講習用の浅い水域で行うことが多いようです。