ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
船酔いとの終わりなき戦い
平気な人はなんともない船酔いだがダメな人はまったくダメ。
一体この厄介極まりない「乗り物酔い」とはなんなのでしょうか。
ものの本には、乗り物の動揺や振動に対する身体の不適合現象とあります。
動揺病と言い眠気、倦怠感、めまい、顔面蒼白、冷や汗、生唾、吐き気、嘔吐などの症状がおきます。
人間の身体がバランスを保てるのは、耳の奥にある三半規管の働きのほかに、前庭器という器官があり、相互作用で身体の傾きなどを脳に伝えています。
ところが、船や車など揺れる乗り物に長時間乗っていると、乗り物の動揺や振動によって、三半規管や前庭器の耳石器が刺激を受け続けることになり、自律神経や脊髄神経に悪影響を与えます。
これに目の運動刺激も加わって、乗り物酔いになるというわけです。
小難しくて乗り物に乗っていなくても酔ってしまいそうですが、
座席の位置など乗り物の動揺や振動からの影響を極力受けないようにすること、
精神的に平静を保つこと(睡眠不足や不安感など自律神経を不安定にする要素を取り除く)、
脊髄神経を圧迫しないようにすること(良くない姿勢や身体を締めつけるベルトなど)、
視覚の混乱を避けること(乗り物での読書やコンピューターゲームなど)
などに気をつければ乗り物酔いを防ぐことができるということです。
では、乗り物酔いの中でもダイバーと縁の深い船酔いにターゲットを絞って具体的かつ抜本的な解決方法を考えてみましょう。
はじめに、船に乗る前の日は油物を避け食べ過ぎ飲み過ぎに注意します。
できるだけ睡眠をシッカリととり、精神的にもゆっくりとリラックスする。
当日は乗船中に満腹過ぎたり空腹にならないように軽めの食事を済ませておくとよいです。
インストラクターの許可を得られれば市販の酔い止め薬も服用しておきましょう。
効き目が出るまでに数時間を要するものもあるので正しい時間に服用しておきます。
ウエットスーツのファスナーやウエイトベルトは緩めておき、洋服ならば身体を締めつけないものを着用します。女性の場合は締めつける水着や下着類は避けたほうが無難でしょう。
状況にもよりますがポイントに着いたらすぐにダイビングが開始できるように、あらかじめセッティングは済ませておきましょう。
ドンブラコと揺れる船の上で「え〜と、まずはタンクにBCDを取り付けて、次にレギュレーターをファーストステージに・・・」などとやっていると船酔いが背後から着実にヒタヒタと忍び寄ってきますのでややこしい事は先に片付けておきましょう。
船に乗り込んだら揺れの少ない、排気ガスのこないところに陣地を確保しましょう。
たいていの船の重心は真ん中よりやや後方にあり、その重心を支点にして振り子のように上下左右に揺れますので、支点の辺りに座るようにすると揺れが少ないでしょう。
そして、船酔いには精神面が大きく影響していますので自分は酔わないと自己暗示をかけましょう。
以前に船酔いしたときの苦しい経験から必要以上に船酔いを意識するようになり、そのため船に乗っただけで、または乗る前から神経を混乱させてしまっているケースが多いのです。
これこそ自律神経を不安定にさせている大きな要因です。
気持ちを強く持って、「自分は酔わない」「船なんか平気だ」「なんだこんなもの」と暗示をかけましょう。
効果は不明ですが「酔い止めバンド」という手首に巻いているだけで精神を安定させるツボを押してくれる酔い止め防止グッズもありますので試してみるのもいいかもしれません。
他にも、あまり目の前の波などを一点凝視することを避け、遠くの水平線や陸の建物などの動かないものを眺めていたほうがよいようです。
あまり酔うことばかり考えずに、雑談をしたりして気分を紛らわせるのが一番です。
それでも、どうしても酔ってしまったら、周りを気にして恥ずかしがらずに速やかに風下へ移動し海に向かって吐いてしまいましょう。
苦しければゴロッと横になってしまうのもいいでしょう。
また、即効性があり水のいらないミント味などのチュアブルタイプの酔い止め薬もあり、気分が悪くなってから服用しても効き目があるようです。
とにかく、場数を踏めば徐々に船に慣れていきますので、あまり構えずにリラックスすることを心掛けましょう。