ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
ジョーズ
はるか古代より海のギャングとしてその地位を不動のものとして君臨し、恐れられているサメ。世界で約250種、日本では約80種類が知られている。
ジンベイザメのようにナリはデカイが気は優しいタイプから、眠ってばかりいるネムリブカ、貝類が好物のネコザメ、映画ジョーズのモデルのホホジロザメなどインパクトの強いタレントが揃っている。
ダイバーが潜る沿岸部には、比較的危険なタイプが少ないとされているのは安心材料である。
もっとも、ダイバーの間ではサメを見ることはラッキーなこととされていて、実際に水中で遭遇するとダイバーからのフラッシュをアチコチから浴びて逃げてしまうことが多いものであるし、見たくてもなかなか出会うことができないのが現状である。
危険なサメのひとつとされているハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)が、ダイバーの人気者となっているあたりは、人類ヒト科がやはり最強かもしれない。