ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
サカナにまつわることわざ集
四方を海に囲まれている日本ではサカナに関するいろいろなことわざを残している。はるか大昔よりサカナは島国に生きる日本人にとっては身近な存在であったことがうかがえる。タイ、イシダイ、メバル、カサゴ、アジ、イワシ、ワラサ、カンパチ、ヒラメ、カレイなどなどダイビングでよく見かけるサカナの中には食卓にのぼる身近なものも多い。そこでそれらのサカナにまつわるおもしろいことわざや食生活にも役立つようなものを紹介しよう。

秋サバは嫁に食わすな
秋に脂ののったサバは最高にウマイ。これを嫁に食わせるのはもったいないという姑の根性をあらわしたもの。越中では「秋カマスは嫁に食わすな」というのもある。

アラを探す
身を取り出した後に残った頭や骨などの部分のことをアラといい、サカナの骨に付着して残った肉をほじくって食べる事から転じて人の欠点を見つけ出してケチをつけることを意味するようになった。しかし本来アラは身とは違った美味しさがあり、栄養分も豊富で、中にはアラのほうが好きという人もいる。

アンコウが粕に酔ったよう
アンコウは頭と口が極端に大きく醜い姿をしていることから、赤ら顔でブサイクに見える人のことのたとえで使われる。伊豆などでは冬から春にかけてたまに出没し奇怪な姿からダイバーに人気がある。

アンコウが夕立を待つ
雨が降ってほしいとばかりに口をポカンと開けて空を見て待っている様子。

アンコウの待ち食い
海底でジッと待ち伏せて目の前に来たところをパクリとやることにかけて、働かずにチャッカリ儲けることのたとえ。

アンコ型
おなかの突き出た肥満型力士の容姿がアンコウのボテっとした姿に似ていることから、「アンコウ」が詰まって「アンコ」になった。

イイダコにパッチはかしたような
パッチとは股引のことで動きがとれずにラチがあかないことをさす。タコの仲間にはヒョウモンダコという強い毒をもつものもいる。

イカともタコとも知れぬ
ヌメヌメヌルヌルと捉えどころがなく信用できない人のこと。

イカの甲より年の功
イカの甲羅は役に立たぬが年寄りのいうことは貴重だということ。「亀の甲より年の功」「蟹の甲より年の功」などがある。毎年アオリイカの産卵はダイバーにシーズンの到来を告げる風物詩になっている。

磯のカサゴは口ばかり
口ばかりで食べるところがないこと。伊豆半島ではカサゴは通年みられ岩の上などにジッとしているのでジックリと観察できる。

イナセな男
気風がよくて粋なことを「いなせ」というが江戸時代に魚河岸で流行った「鯔背銀杏(いなせいちょう)」という髪型からきている。イナとは出世魚であるボラの子供のことで背ビレがちょっと曲がっているのが特徴。流行った髪型が銀杏をちょっと曲げているものだったのでイナの背のようだということからイナセイチョウとなったらしい。

芋・タコ・南京
女性の好む食物として、ほのかな甘味のあるもの。

イワシ網でクジラ捕る
イワシを獲るような網にクジラのような大物かかかるという、思いがけない幸運のこと。イワシは小さな魚だが大きな群れをつくり水中で出会うとなかなか壮観な眺めである。

イワシ七度洗えばタイの味
大衆魚の代名詞ともいえるイワシは、最近は漁獲高が減少傾向にあるようだが、脂肪が多く生臭いがよく洗い臭みをとればタイと同じくらい美味しい魚だという意味。

魚の目に水見えず、人の目に空見えず
普段身近にあるものは、近くにありすぎて大切なものでもその価値がわかりにくいということ。

魚は殿様に、餅は乞食に焼かせろ
餅はすぐに焦げるのでマメにせっせと裏返しながら焼いたほうがよいが、逆に魚は片身をじっくりと焼き上げてから裏面を焼く。せっかちな貧乏人と鷹揚としたお殿様を例えに焼き物のコツを表している。

ウナギの寝床
間口が狭くて奥行きのない細長い家をウナギの寝床という。決して誉め言葉ではない。

海背川腹
一般的に川魚は脂肪が少ないので開きにした身の内側を先に焼く。反対に海水魚は皮の方から焼くとうまく焼ける。サカナの焼き方のコツ。

沖のハマチ
ハマチは回遊性のサカナなので潜れば必ず出会えるというサカナではない。水中でのハマチとの出会いは運や巡り合わせといった感が強く、当てにならぬことのたとえとして使われる。

オヒレをつける
つけ足しをして事実を誇張したり必要以上に虚飾したりすること。

カニは食ってもガニを食うな
ガニとはカニのエラのこと。どんなに美味いカニでもエラまでは食べられないということ。毒はないが寄生虫の恐れがある。

カニは甲羅に似せて穴を掘る
カニは自分の甲羅がフィットするくらいの穴を掘って住んでいる。我々も身の程を知り身分相応に振舞えという保守的なことわざ。

カマトト
カマボコを指して「これはトト(魚)か」と聞くように分かりきったことを聞くこと。また、知っているくせにウブなふりをする女性のことをいう。

寒ブリ・寒ボラ・寒ガレイ
ブリ・ボラ・カレイは寒い時期が最も美味しいということ。スズキも一般的には夏が旬といわれるが寒スズキも美味い。

腐ってもタイ
良質のものは少々古くなってもその本質は変わらないとうことわざ。実際にタイは他のサカナに比べ細胞が分解されにくく鮮度が落ちにくい。サカナの王様といわれるタイは好奇心旺盛でダイバーにも近寄ってくる。

くじらの子とれて賑ふ三里半
1頭の鯨が捕れると7つの集落が賑わったと言われており、小さな子鯨でも三里(さと)半は潤ったということ。古くから捕鯨の歴史のある日本ならではのことわざ。

グチをこぼす
ブツブツ不平不満をこぼすこと。イシモチの俗称「グチ」はこれから出たらしく釣り上げると低い音を出す。

コイがおどればドジョウもおどる
自分の身の程を忘れ他人のマネをすること。

コイは焼いて食わぬもの
他人の恋にやきもちを焼くなという意味。

ゴマメの歯ぎしり
ゴマメとはカタクチイワシの幼魚を干したもの。非力なものがやたらと意気込み憤慨することを云う。

強飯に蛸
美味しくて身体にもよいタコに力がつく強飯が並べて出されるとよすぎることから、話の巧すぎる事を打ち消すときに使う。

雑魚(ザコ)
雑魚とはいろいろな種類の入り交じった小魚のことで転じて取るに足りないものをいう。また大物にたいして小物のことをいう。

雑魚寝(ザコネ)
ひとつの部屋に大勢の人間が入り交じって寝ること。また、男女が一緒に入り乱れてゴロ寝すること。

サザエの拳、白魚の手
男性と女性の手のたとえ。サザエは大人の握り拳くらいのものがおいしい。尻尾が濃緑色なのが雌でクリーム色が雄、雄のほうが美味い。

サバ折り
相撲四十八手の決まり手のひとつ。この技はまわしを引きつけ自分の体重で相手の体を折るようにして倒すのだが、これが釣上げられたサバを首の骨を折るようにシメること似ていることからこう呼ばれるようになった。

サバの生き腐れ
サバは肉質が軟かく血合いも多く傷みやすいサカナ。見た目が新鮮でも気をつけろということ。白身の魚より青魚は傷みやすい。

サバを読む
計算をごまかすことをサバを読むというが、魚市場でサバが腐らないうちに急いで数えるために大まかになってしまったという説と、市場の商人が数をごまかす「魚市読み」が元という説がある。

三月ヒラメは犬も食わぬ
春暖かくなったころのヒラメは産卵のため岸近くまで上がってくるためたくさん獲れる。高級食用魚のヒラメも産後は脂もなく美味くない。冬場の水温が下がるころにはメートル級の大物に出会うこともある。

サンマが出るとあんまが引込む
秋の脂がのったサンマは栄養価が高い。サンマを食べると元気が出てあんまさんにかかる必要もなくなるということ。「サンマが出るとあんまが泣く」ともいう。

白魚もさかなクジラもさかな
形の大小で差別したり見かけだけで人や物を判断してはいけないという意味。

じゅん菜でウナギをつなぐ
どちらもヌルヌルしているのでじゅん菜でウナギは縛りようがない。要領を得ないことのたとえ。「ひょうたんでナマズを押さえる」ともいう。

鮨の辛味はワサビにかぎる
刺身、洗い、鮨にはワサビがよく合うということ。ただし例外もあり、カツオの刺身やアジのたたきにはショウガが合う。

鮨はコハダに止めを刺す
鮨はコハダが一番飽きがこないという意味と、コハダは生臭いので他のものと味が混ざらないように最後に食べるのがよいという二通りの意味がある。江戸っ子の粋でしょか。

タイもヒラメも食うた者が知る
どんなご馳走でも実際に食べなければ本当の味はわからず、知ったことにはならないという意味。

タイの尾よりイワシの頭
どんなに立派なタイでも身がないのなら、小さくてもイワシの頭のほうがいいということ。名を捨てても実をとるべきという教え。

タコ部屋
狭い部屋に何人も押し込められることをタコ部屋という。炭鉱が盛んだったころ働く人々は炭や泥で真っ黒になるためタコの墨にかけてタコと呼ばれ、彼らが寝泊りする飯場をタコ部屋と呼んだ。あまりいい言葉ではない。

タラ腹食う
何でも食べてしまうタラにたとえて腹一杯に食べることをいう。

出鱈目(でたらめ)
タラは貝類や蟹まで手当たり次第になんでもかまわず食べてしまう。そこで「出たとこ勝負」で無責任でいい加減な行動をさす当字となった。あまりの暴飲暴食ぶりに胃潰瘍になっているタラもいるらしい。

トドのつまり
結局とか最終的にはなどという意味でよく使われる。ボラは出世魚としてハク〜オボッコ〜スバシリ〜イナ〜ボラとなり最後にトドになる。最後に行き着いた名が一般的な呼び名になることが多いがボラは例外。

土用のタコは親にも食わすな
日本の海にいる蛸は約50種、主に食用とされているのはマダコ、ミズダコ、テナガダコ、ヤナギダコ、イイダコなど。イイダコの旬は冬だがマダコ等は夏の産卵期が旬。

菜種フグは食べるな
菜種の花の咲くころがフグの産卵期にあたりフグの卵巣の毒性が最も強くなる時期。

夏座敷とカレイは縁側がよい
縁側というのは背ビレと腹ビレのつけ根の部分のこと。この部分の肉は身が締まって特に美味しいことを夏座敷の特等席=縁側と結びつけた言葉。

夏のハマグリは犬も食わぬ
夏のハマグリは産卵後で身が細り味も落ちる。

夏はカツオに冬マグロ
カツオとマグロの旬。春から夏の初カツオは脂肪分が少な目でさっぱり、秋の戻りカツオは脂肪が豊かで一段と美味。マグロは瞬間冷凍の技術の飛躍により旬を外れてもおいしく食べられる。カツオは夏から秋にかけてよく見られ、マグロも外洋ポイントではたまに出くわす。小笠原のマグロ穴は巨大なイソマグロが大きな群れを作っていることで有名。

菜の花(桃の花)が開かぬとコイの口も開かぬ
菜の花が咲く春からが釣りシーズン。

「ニベ」もない
無愛想で取りつく隙もない態度のことをニベもないという。ニベとはイシモチというサカナのことで、イシモチの浮き袋はゼラチン質が豊富で粘着力があることから、粘りがあり親密感があるという意味で使われるようになった。

塗り箸でナマコをはさむ
塗り箸ではヌルヌルとしたナマコは掴みにくい。無意味な骨折りのことをさす。ウナギを挟むともいう。

猫を追うより魚をのけよ
物事は原因を考えて対処したほうがよいということ。

猫にカツオ節
みすみす食べられてしまうのはわかりきっていることから相手に利益を与えて、自分は損をしてしまうことをさす。

猫の精進
本当は欲しく欲しくて仕方ないのに、うわべでは辞退すること。

左ヒラメの右カレイ
頭のほうから見たときに目が体の左側に寄っているのがヒラメ、右側に寄っているのがカレイという見分け方。市場に出回るものならたいていこれで見分けがつく。

フグ食う無分別食わぬ無分別
毒のあるフグをむやみかまわず食べるのは無分別だが、だからといって、せっかくの美味しいフグを怖がって食べないのも無分別だということ。

フグにも中ればタイにも中る
フグを食べると毒に中るといわれるが、比較的足の遅いタイでも中毒になることがある。運が悪いときは安全なものでも害になることもあるというたとえ。

麦わらダコに祭りハモ
初夏のタコと、夏祭りの時期のハモは美味しいということ。

6月のキスは絵に描いたのでも食え
ことわざの中の6月は陰暦で今の7月中旬から8月中旬くらいのこと。このころが旬だということ。似たもので「夏のスズキは絵にも見よ」というのもある。

Rのつかない月はカキを食べるな(西洋のことわざ)
5月(May)から8月(August)はアルファベットのスペルに<R>の字が入らない。この時期はカキの産卵期と重なり風味が落ちる、また高水温期で食アタリしやすいことからカキを食べない。日本にも「花見すぎたらカキ食うな」という言い回しがある。また似たもので「麦の穂が出たらアサリを食うな」というのもある。