ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
ニセクロスジギンポの無差別攻撃
ギンポの仲間は本来、穴の中から顔を出して生活しているものが多いのだが、このニセクロスジギンポはひと味違う。海の掃除屋という産業を興し、一族で必死に家業を守っているホンソメワケベラそっくりに擬態しているのである。
そもそもニセクロスジギンポと名前からして妖しげだが、これがまたほぼ完璧な擬態をしていて、ホンソメワケベラに比べて口のある場所が少し下というくらいの違いしかない。
体長も同じく10cmくらいで薄い青色のボディに黒い筋が入っていて、ダイバーが水中で出会っても識別は困難であるくらいだ。
さらにニセクロスジギンポはホンソメワケベラ一派の商標トレードマークである集客フリフリクネクネダンスまで身に付けている。
しかし、ホンソメワケベラと大きく違うのが、このニセ者は強力な鋭い歯を持つ肉食魚なのである。
自分のものにしたフリクネダンスを縦横無尽に駆使して、純真無垢な罪のないサカナたちをクリーニングという甘い罠で誘惑し、寄生虫を掃除してもらおうと近寄ってきたサカナをいきなりガブリとやるのである。安心しきって身を任せてしまったサカナは、まさにお気の毒である。
憎らしいけれど、これが彼らの選んだ生存への道で、我々には窺い知ることのできない事情があるのだろう。