ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
レンタル器材の使い方
ダイビングに必要な器材は、大きく分けて軽器材と重器材があります。
軽器材には3点セットと呼ばれるマスク・フィン・スノーケルとウエットスーツ・ブーツ・グローブ、
重器材にはBCD・レギュレーター・オクトパス・ゲージがあり、
これ以外にもドライスーツ・メッシュバック・ウエイト・タンク、タイブコンピュータなどがあります。
これらを自在に使いこなせれば、より楽しく、より安全にダイビングが楽しめます。
それでは、器材を一つ一つチェックしていきましょう。

マスク
競泳用のスイミングゴーグルとは違いマスクの中に鼻が入るようになっています。
レンズは、強化ガラスを使っているので割れる心配がなく安心です。メガネと同じようにレンズが2枚ある2眼タイプとスキーゴーグルのようにセンターフレームがなく視界の広い1眼タイプに分かれています。視力の悪い方は矯正のできる2眼タイプがいいでしょう。
顔に当たるスカート部は柔らかなシリコンでフィット感のよいものが多く、スカート部が透明のシリコンならば視界は開放的でとても明るいという利点があります。反対にスカート部に色のついたものは、デザイン的に引き締まった印象を与えます。また、顔の小さな方用のミニサイズもありますので、レンタルするときは、自分に合ったものを選びましょう。

スノーケル
スキンダイビングのときだけでスキューバのときは使わないと思われがちですが、実際は水面移動や水面待機のときに頻繁に使います。
パイプの長さ太さともにスムーズな呼吸を実現するためにサイズが決まっており、口に含むマウスピースの大小もあります。スノーケルにはホルダーがありマスクのストラップに固定できるようになっています。また、たいていのものには排水弁がついており侵入してくる水を自動的に排出してくれます。

フィン
ブーツを履いてストラップで調節するタイプと素足でも履けるフルフットタイプがあります。素材もゴム、ウレタン、プラスチックなどさまざまです。脚力に合わせて素材を選びますが、万人向けなのはゴムフィンと言われています。脚力のない人が固いプラスチックフィンを使うと慣れるまでは足がつりやすいので、レンタル器材をチョイスする際は注意が必要です。

ブーツ
靴のサイズと同じサイズの分け方になっています。ウエットスーツと同じ生地でできているので保温の効果があり、フィンズレ防止や足の保護もしてくれます。ソールにはスベリ防止のデッキソールが採用されているものもあります。靴ズレなどの心配はあまりありませんが、やはりジャストフィットするものを使いましょう。

グローブ
暖かい海域向けの薄手のものから、防寒用のウインターグローブまであります。保温・保護のために必ず着用しましょう。ただし、海外などのダイビングポイントによっては生物保護、むやみに生物を触らないように着用を禁止しているエリアもあります。

ウエットスーツ
ダイビングする海の水温で生地の厚さ(3mm、5mm)とスーツタイプ(ワンピースやツーピースなど)を選びましょう。体にピッタリとフィットしているほうが保温効果が高いのですが、きつすぎるものは逆効果です。

BCD
XS・S・M・L・XLなどとサイズ分けされていますのでフィット感のよいものを選びましょう。小さすぎるとBCDにエアを入れたときに窮屈、また大きすぎるとBCD内で体が泳いでしまいます。また各メーカーによってエアの抜き方、パワーインフレーター部の形、吸排気ボタンの形状や色、BCD前部のバックル類のタイプや数などが違うのでダイビング前に必ず確認しておきましょう。

レギュレーター
水中でエアを供給してくれる大切なものです。長い時間くわえていても疲れないようにマウスピースのコンパクト化やレギュレーターの軽量化がされているものもあります。マウスピースに破れやキズがあると海水が浸入してくることもあるので要チェック。セットアップしてシューシューとフローしているようならインストラクターに伝えましょう。

オクトパス
普段使われることのないオクトパスですが、いざというときのためにレギュレーターと同様のチェックを忘れずにしておきましょう。

ゲージ
残圧計のみのタイプもありますが、水深計、コンパス、水温計と情報源が満載のゲージ。残圧計がしっかりと動くことだけは必ず確認しておきましょう。

ドライスーツ
水温が低い海域で潜るときに使う防水スーツです。使いこなすためにはウエットスーツと違い特殊なスキルが必要になります。

メッシュバッグ
底部がメッシュ状になった水切れのいい大型バッグ。ダイビング器材一式が入るので自分の使う器材はまとめて自己管理しておきましょう。タオルや携帯など濡れて困るものは別の防水バッグに入れておきましょう。

ウエイト
ウエイトはウエイトベルトに通して使用します。ウエイトがあたって痛くないように、あらかじめウエイトをベルトの適当なところに配置しておくと潜る前に慌てずにすみます。その日着るウエットスーツのタイプや使うタンクの種類によって必要なkg数が違いますので注意しましょう