ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
世界最北端のサンゴ礁
サンゴの白化現象が世界的にも問題視されサンゴ礁の健康状態が心配されていますが、数年前には国内でこんな新たなウレシイ発見がありました。
読売新聞の2001年5月21日の記事より抜粋すると、
「今まで千葉県が最北端とされていたサンゴの分布が長崎県隠岐・郷ノ浦町黒崎沖の海底に、世界最高緯度に形成されたサンゴ礁が確認された。これまで最高緯度だった北大西洋西部のバミューダ諸島付近の北緯32度50分を、約1度上回る北緯33度48分。確認されたのは、湯ノ本湾の真珠養殖場の海域。海岸から約40mの海域にあり、周辺の水深は約15m。サンゴ礁は、水深約19mから2mにかけてあり、浅い部分は直径30〜50cmのサンゴの一種キクメイシの群体が密集、深くなるとキッカサンゴが覆っている。全体は、上から見ると、直系約30mで900uにひろがっている。これまでのサンゴの研究では、サンゴ礁は、冬場でも海水温が18度以上でないと形成されないとされていた。しかし、現地の海水温は、冬場には平均13.3度までさがる。サンゴ礁を形成する主要な類のミドリイシに比べ、キクメイシは低水温にも強いのではないかとみている。この発見によりサンゴ礁の分布地図が今後、世界的にも書き換えられることになる。」とあります。
まだまだ海には我々が知らない未知の発見が潜んでいるようです。