ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
サカナのウキブクロ
ビギナーダイバーが苦労するスキルに中性浮力がある。BCDのエアの給排気や肺の中の空気の出し入れで沈んだり浮いたりをコントロールするスキルだ。サカナのように自由自在に水中を泳ぎまわるために必要不可欠なスキルだが、BCDも肺も持たないサカナ達があんなに自由に泳ぎまわれるのはナゼだろう?
それは彼らがウキブクロを持っているから。サカナにはウキブクロという体内器官があり、この中の空気量の調節により浮いたり沈んだりしているのだ。サカナ達は空気の無い水中で空気の量を調節するという離れ業を行っているのである。ウキブクロは正確には脊髄の下にあり、血液中の溶け込んでいる空気を取り出せる腺がならんでいる気嚢なのだ。そこで血液中の空気を取り入れたり送り出したりして浮き沈みをコントロールしているのだ。
深海にすむサカナには浅い場所に移動することがないのでウキブクロを持っていないものもいて、マグロやカツオやサバなどはウキブクロが小さく浮力の調節がほとんどできないため泳いでいないと沈んでしまうそうだ。
もし人間にこのような能力があればダイビングはもっと身軽なものになるはずなのだが・・・。