ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
BCDの操作法A
BCDからエアを抜くときはアウトレットボタンを使って抜きます。
ここでも抜き方と抜くときのダイバーの姿勢に注意が必要になります。
仮にダイバーが水中で立った姿勢でBCDのエアを抜こうとしたとすると・・・、
そのままの姿勢でアウトレットボタンを押せばたしかにBCDのエアの出口は開きますが、BCホースの付け根は胸の位置にあるので、エアは当然水面に一番近い肩口あたりに溜まってしまいます。
ですので、その肩口あたりに溜まっているエアを、左胸のBCホースの付け根あたりに持ってこなければ、エアを抜くことはできません。
さらに、BCホースを水面に向かって持ち上げ、エアがBCD内からBCホースを伝って、アウトレット部から抜けていく道をつくってあげる必要もあるのです。
水中でうつぶせに泳いでいるときなども、一度上体を起こしてエアの通り道を確保してあげないと、エアはスムーズに抜けません。
エアを抜こうとして何度もアウトレットボタンを押しても全然エアが抜けない、などというときは、たいてい体勢が悪くBCホースが海底に向いていることが多いです。
ただし、メーカーによっては左肩に排気専用のバルブを取り付け、左胸まで連結された紐を引っ張ることによってエアが抜けるタイプもあります。
この場合、上体は多少起こさなくてはなりませんが、BCホースを持ち上げたりする必要はありません。使う器材によって、そういった特性も違うので事前に使い方をマスターしておきましょう。