ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
器材のオフティング
ダイビング終了後はセッティングとは反対の手順で分解します。まずログブックに記入するタンク内の残圧を確認してタンクのバルブを閉じます。バルブを閉めた後でも、レギュレーター内にはまだエアが残っているので、パージボタンを押してホース内に残っているエアを開放しましょう。
次にファーストステージのヨークスクリューを緩めてレギュレーターをタンクから取り外しますが、ダストキャップの表面の水気を切りファーストステージの所定の位置に戻すのを忘れずに。
ダストキャップの水気を切るのにタンクのエアを利用しているダイバーもいると思いますが、「シュー」という音で周りをビックリさせてしまうこともあるのでバルブの開けすぎには気を付けてください。
「フーッ」と勢いよく自分の息を吹き付けるだけでも大部分の水分を吹き飛ばすことができます。
後はインフレーターホースをBCホースから外して、BCDをタンクから抜き取れば完了です。