ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
耳抜き
耳抜きがしっかりできればダイビングはとてもスムーズで楽しいものですが、上手くいかないと、少しややこしいことになることもしばしば・・・。
抜けないまま無理をして潜っていけば痛みが伴うはずですし、さらに深いポイントまで潜行を続ければ鼓膜にダメージを与える恐れもあります。そういう意味では、耳抜きは最も基本的で最も重要なテクニックと言っていいでしょう。
ここでは抜けない場合の改善テクニックをいくつか紹介します。
まずは1〜2メートル浮上して耳抜きをやり直してみる。
このとき抜けない側の耳を水面に向けると抜けやすくなります。
浮上することによって圧力が軽減されるのでたいていの場合は抜けるはずです。
それでもダメなら、抜けない耳側の首筋、アゴのエラの下あたりをマッサージしてみましょう。
または、アゴをコリコリと左右に動かしてみたり、ツバを飲み込んでみることも試してください。
耳抜きは、ゆっくりと時間をかけて確実に行う必要があります。
ただし、耳抜きのトラブルは5m程度の浅い水深で起こることが多いため、耳を抜くことばかりに集中してしまうと、自分のいる水深を保つのがとても難しいはず。
ロープがあれば利用できますが、ない場合はバディにフォローしてもらうといいでしょう。
ビギナーの場合、耳が抜けているのか抜けてないのかわからないこともありますが、よくわからない状態のときは無理はしないようにしましょう。
ちなみに、寝不足、疲労、風邪、二日酔いなどの体調不良時は耳が抜けにくいので、ダイビング前日は体調を整えることが大切。また、ダイビング前にガムを噛むのも効果があるそうです。