ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
タンクが外れてしまった
水中でタンクが外れてしまうのはセッティングのミスです。セッティングの際に、BCDを掴んでタンクごと持ち上げてバックルの緩みを確認しておけば、未然に防げるトラブルです。
しかし、起こってしまった場合は落ち着いてBCDを脱いで、海底でセットし直さなくてはなりません(BCDの脱着)。
まず、BCD前部のバックル類を外し、レギュレーターを口にキープし続けるために左腕から脱ぎ始め、BCDとタンクを自分の正面に持ってきます。
バックルを締めるときに、力が入れにくかったり、タンクがフワフワと落ち着かなかったりするので、タンクをガッチリと自分の脚で挟み込むようにしてしっかりと確実にセットしなおしましょう。
着るときは右腕をBCDのアームホールの奥まで通し、通した右腕でタンクの底をしっかり掴みます。その右腕でタンクを背中側に回して背中に押し付けるようにし、最後に左腕をBCDに通します。
このときにレギュレーターのホース類が自分の腕と一緒に巻き込まれていないことを必ず確認してください。後はバックル類を締め直せば完了です。
インストラクターやバディのサポートがあればかなりヘルプになるはずです。