ダイビングのご予約は『潜水王国』〜誰でも手軽にダイビングを楽しめる!手ぶらでもOK!簡単、わかりやすい、ダイビング予約サイト〜


ツアーを探す
 スタイル
 
 エリア
 
 料金
 
   〜
 所在地
 
 プラン
  宿泊パック
  昼食付
  宿泊&昼食付
 レンタル
  度付きマスク
  水中カメラ
  ドライスーツ
お店を探す
 
残圧が足りないB
絶対にあってはならないことですが、万が一、水中でエアが無くなってしまったら・・・。どうもレギュレーターのエアが渋い気がして残圧をチェックすると・・・、なんとゼロ!
講習では、バディからエアを分けてもらうオクトパスブリージングと、自分自身で水面を目指す緊急スイミングアセントを教わったと思いますが、
しかし、すぐオクトパスをもらえるほどバディとぴったり寄り添ってダイビングしているとは考えにくい。
仮にバディが10m離れていたら、そこまで泳いで辿り着くこと自体が大変なことだし、バディが気付いてこちらに近づいてきてくれればいいですが、自分とは反対の方向に泳いでいたりしたら絶望的です。
また、運良く辿り着けたとしてもバディがインストラクターやダイブマスターほどの経験がない場合、逆にバディを危険に巻き込む恐れもあります。
それにバディのエアも同じように残りわずかだったら・・・、
オクトパスブリージングを諦め、緊急スイミングアセントを行うしかありません。
水深10mくらいなら自力で泳ぎ戻れても20、30mとなると、可能性が高いとは言えません。
その状況下でしっかりと水面を見上げ気道を開放し、肺の中にあるエアを少しずつ吐き出しながら、自らのフィンキックで浮上していかなくてはなりません。
とっさの状況でこれだけのことを手順よく行うのはやはり至難の業ですので、このようなことが実際に必要となるダイビングは絶対に避けなくてはなりません。
頻繁に残圧をチェックし、タンク残圧に余裕を持ってダイビングすることを常に心がけましょう。
必ず50kg/cu以上のエアが残るよう、ゆとりを持ってダイビングを楽しみましょう。